カントン包茎とはなんでしょうか?

カントン包茎とは、剥いた包皮が亀頭を締め付けてしまう状態になってしまうものです。

真性包茎とは違い、包皮が剥けないわけではありませんが、無理に剥いた為亀頭を締め付けてしまい、うっ血の危険性もあります。
うっ血状態が継続した場合、組織が壊死してしまう可能性もあり、大変危険な状態です。

サンプル

皮を剥くことは出来ますが、戻すことが出来ず亀頭部分の根本部分に皮が溜まった状態になってしまいます。このカントン包茎は包茎の中でも危険な状態で、包茎手術などで状態を改善するしかなくなってしまいます。

カントン包茎に近い症状で、仮性包茎絞約型などもあります。

仮性包茎のように包皮は剥くことは出来るものの、
勃起時に締め付けを感じる時などがこの症状にあたります。
この状態では、性交が円滑に行うことが難しい場合もあり、治療が勧められています。

包茎手術は費用がかかりますが、安全性も高く手術の後もわかりにくいです。
一度手術をしてしまえば、あとは包茎の心配がなくなりますので、
自信を取り戻す為に行う人もいます。

仮性包茎の場合、剥く練習を毎日行うことで、皮が剥ける癖をつけることも出来ます。
最初は皮が戻ってしまいますが、次第に皮を剥いた状態で癖がつくようになります。
皮で包まれていない為、最初は刺激が強いですが、次第に慣れていきます。

カントン包茎かと思った場合も、実は仮性包茎であったという場合も多いです。
まずは自分で剥く癖をつけてみるといいでしょう。
痛みが激しい場合は真性包茎の可能性もありますので、
專門の医師に相談することで安全に包茎から脱することが出来ます。
今は切らなくてよい包茎手術もありますので試してみてはいかがでしょうか?→切らない包茎手術のまとめページ

何かお役に立っていれば幸いです。随時有益な情報をお伝えしていこうと思います



Copyright (C) カントン包茎とは? All Rights Reserved.