仮性包茎とはなんでしょうか

仮性包茎とは、亀頭部分が通常状態で包皮に包まれている状態ですが、
自力で亀頭を完全に出すことが出来る状態です。

仮性包茎では、恥垢など不潔になりやすい成分を洗浄することが可能ですので、
雑菌などによる感染症のリスクなどはありません。

元々生まれた時は皆包茎の状態で生まれてきます。
その後に自分で包皮を剥くことで、包茎から脱する事が出来ます。
仮性包茎では、性交上のリスクはありませんので、見た目の問題ということになります。

包茎自体にマイナスイメージもありますし、包茎ということで嫌がる女性もいます。

仮性包茎では健康上の問題はありませんが、汚れが残りやすいイメージもあります。
実際に入浴時などに包皮を剥いて洗浄し、清潔な状態に保たなければ
感染などのリスクに関しては、真性包茎と変わりません。
仮性包茎の場合、見た目のリスクしかありませんので、包茎手術を行わない人も多いですね。
手術には費用も伴いますし、ある程度の痛みもありますので、
生活上のリスクが少ない場合手術に踏み切らないのも当然かもしれません。

また仮性包茎の場合、包茎を治す方法は手術だけではありません。
皮を剥いた癖をつけることで包茎を改善する、といった矯正器具もあります。
改善したいけど手術に拒否感がある場合、こういった矯正器具を使用するのもいいでしょう。
男性にとって男性器の状態は重要なものですし、
包茎かどうか心配な場合は病院受診してみるものいいでしょう。

仮性包茎の場合の主なリスクは、雑菌の繁殖などによる感染ですので
どちらにしても清潔保持は心がけましょう。



Copyright (C) カントン包茎とは? All Rights Reserved.