包茎手術のデメリットとはなんでしょうか?

包茎手術は、真性包茎やカントン包茎では健康保健の適応も可能ですので費用も安く行い易い手術です。

この手術は病院の泌尿器科の他に専門のクリニックなどで受ける事が出来ます。
手術を行う際は、美容整形技術も高いクリニックの方がお勧めとされていますが、
手術によるデメリットもあります。

包茎手術のデメリットとされる部分

包茎手術を行う際、麻酔を使うのですが、アレルギーなどのリスクがまずあります。

これは外科手術全般に言えることですが、手術スキルも病院によって異なりますので、
実績ある病院を選んだ方が良いでしょう。

また手術後は傷の癒着が完了するまで、スポーツや性交は出来ません。

刺激により縫合がとけてしまい、皮が開いてしまう場合もあります。
傷が露出してしまうので、痛みも伴う状態です。
スポーツなどは種類によりますので、医師の確認は必要になります。
日帰り手術も可能な包茎手術ですが、一般生活に支障はないとはいえ、注意は必要なのです。

血豆のような血腫が出来る場合もありますし、亀頭に腫瘍が出来る可能性もあります。
数日で改善する場合も多いですが、医師への確認は必要になります。
外科手術の一つですし、完治までは一ヶ月の時間がかかる場合もあります。
日常生活には支障はありませんが、術直後は入浴やシャワーなども出来ませんし、
飲酒も控えた方がいいでしょう。
見た目や衛生状態の改善など良いことの多い包茎手術ですが、
注意点も多いですので必ず手術後は医師の指示に従いましょう。

また包茎手術後に感度低下などの症状が出る場合もあります。
勃起時に痛みを感じてしまう場合もあり、デメリットを避ける為には
信頼出来る医師を選ぶ事が非常に重要なポイントになってきます。



Copyright (C) カントン包茎とは? All Rights Reserved.