包茎手術の安全性は大丈夫?

包茎手術は日帰りで可能な場合もあり、安全性は高い手術です。

血腫などが出来る場合もありますが、自然に消える場合も多いです。
医師の指示に従えば、包茎手術は安心して受けることが可能です。

ただ仮性包茎の場合は、健康保険の適応になりませんので、
自由診療になり費用が高くなりますので、注意が必要です。

真性包茎やカントン包茎の場合は、健康保険の適応が可能なので、安価に手術を受ける事が出来ます。
ただ美容整形的な側面もありますので、費用に関しては最初に相談した方が良いでしょう。

包茎手術後の注意事項

また包茎手術自体は安全性の高い手術ですが、術後の注意事項もあります。

一月ほど性交が禁止されますし、数日間は入浴やシャワーも禁止となっています。
スポーツなども同様で、傷が開いてしまう可能性がある運動は禁止されています。
包茎手術自体に痛みもありますし、術後にチクチクした痛みを感じる場合もあるようです。
整形目的の意識が強いクリニックでは、自由診療分に相当する部分は保険適応出来ません。
その為、費用の相談も必要になってきます。

また技術力の低いクリニックなどでは、包皮が戻ってしまったりする場合もあるようです。

実際に包皮が長すぎる場合は、切りすぎで性交の邪魔になってしまう場合もあります。
その為、包茎手術をしても外見が包茎のままになってしまう場合もあるようです。
そういった自体を避ける為にも、見た目も良い状態にしたい場合は
美容整形の技術も高いクリニックに頼った方がいいでしょう。



Copyright (C) カントン包茎とは? All Rights Reserved.